ありのまんまのまんまる笑顔

まんまる笑顔ばかりの
写真たちを眺めて、ふと思う。

「こんな笑顔でいられるようになったんも、
これ45年間の人生の中で、
出逢って下さった全ての人たち、
そして全ての経験のお陰さまやな」って。

写真の中の幼い私は、
ほとんど笑っていない。

たまに見つける笑顔は「作り笑い」

だから、
自分が「顔」の上に無理やり作る
「笑顔」はとても嫌いやった。

笑えない日々、そして笑わない日々。
幼い頃は、その繰り返し。

それでも、「笑っている」から
同級生によく言われた。

「良いよねー、由美子は悩みがなくて」

この言葉に、私の心はいつもフリーズ。

不思議と、
そう言われ続けると、
それに慣れて行く。

「そうそう、悩みなんて、ないない」
そして、また作り笑い。

「あー、疲れるわ、ほんと、疲れる。」
「何にも私のことを知らんくせに。」

心の声は、その子たちに反発して、
そう溢していた。

そんな日々の繰り返し。
フリーズの連続で、
いつしか、心はフリーズし切った。

けど、溶けていくものなんやなぁ、って。

14歳、17歳、そして20歳の出逢い。
大学在学時にメンターがくれた
大きなメッセージ。

フリーズし切った私の心を
少しずつ、本当に少しずつ、
溶かしてくれた人たち、そして経験たち。

笑えない、笑わない日々から、
今「ありのまんま」のまんまる笑顔で
ガハガハ笑うようになるまで。

まるで、3歳の私が、
ようやく自分の人生を取り戻し始めた、
そんな感覚。

ひとりぼっち
そう感じながら、
それでも笑顔になりたい、
笑顔でいたい。

その気持ちが、
米つぶほどでもあれば、
必ず、
笑顔になれる日が来る。

少なくとも、
私はそう信じている。

そして、これから残された私の人生、
米つぶほどても、そう信じる人たちと 
共に歩いて行きたい。

50分くらいの時間のトークライブです。
ひとりでも多くの人の、
何かの「きっかけ」になればと思います。
どうぞ「お気軽に」
ご視聴いただけましたら嬉しいです!

〜由美子のひとり言〜

私の大切な同志でもあり、友人でもあり、尊敬する存在でもある、
Tomokazu Chouichi Arakakiさん。
今回、このような貴重な体験をさせていただき、
改めて心から感謝致します。

Chouichi さんとの出逢いも、衝撃的やったなぁ(笑)
偶然やけど、必然な出逢い。

人に出逢い、何かを学ぶ度に思う。
「感謝せずにはいられない」ことに感謝。

Chouichi さん。
これからも、
一人でも多くの方の
「ありのまんまのまんまる笑顔」のために、
できることが増やして行きたいと思います!
宜しくお願い致します!笑

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close