【第2回 シングルママ オンライン おしゃべりワークショップ@オンライン】開催しました!

8月22日(土)10時〜12時 第2回目を開催しました!(写真は、会終了後の打ち合わせ)

今回は、シングルママ2名と、ファシリテーター 園川泰子さん(やこちゃん)と私、中村由美子(ゆみねぇ)の4名。(注:やこちゃんはシングルママではなく、シングルママを含め、様々な状況下にある母たちの支援をしたい!実際している方です。)

今回の回は・・・結果からお伝えすると・・・
ポジティブエネルギーの嵐!と言うような回でした😊
もちろん、それぞれ不安や心配がありながらも、「大丈夫、大丈夫!」と前向き。
終始このような感じなので、ご参加いただいたシングルママのお二人からも、

「力が湧いてきた!」
「リアルな経験が聞けるから、めちゃくちゃ(今後の)勉強になる」
「自分が経験してきたことを他のシンママのために役立てたいな」

等の感想をいただきました。ありがたいことです。(ファシリテーターの私たちも、元気いただいています😊)

今回の内容は、
*前回終了後〜今日までの2週間で「印象に残っていること」発表
*「私と子どもの未来計画」宿題で書いてもらった計画表の共有、それに対しての質問、疑問、アドバイス等
*性教育のタイミング、方法
*子どもが健康であるために、母としてできること
*「ネガティブ空気が流れるシンママおしゃべり会」が存在しているって聞いたけど、どんな感じのもの?

などなど。(2時間では足りなかったです!・笑)

今回は、主に、「私と子どもの未来計画」について、皆で思いや考えを共有し合いました。
実は、前回 第1回目終了時に、次回の内容をアナウンス。「これ書いてみてね」と宿題をお渡ししました。
「毎日忙しくて、時間取れないかも知れないけれど、とても大切なことだから」と一言添えて。
皆さま、忙しい中、自由に書いてきて下さいました。(もちろん、言い出しっぺの私も書きました。)
このワークは、私個人的に絶対に取り入れたかったもの。
「おしゃべり会」では「ちょっと負担かもね」と意見もありつつも、絶対必要だと思っていたので、決断、実行。

なぜ、「絶対に必要」って思ったかと言うと・・・

母は、常に忙しい。そして、必死。自分なんて二の次。
自分の時間も、生活も、そして人生までも、「我が子」のためにと捧げようとする人もいます。
それは、シングルママも同じ。
常に忙しい。必死。自分なんて二の次。
私の経験上、シングルママは、子どもに関することは当たり前、自分自身に起こるどんな出来事や、不安・心配、感情をシェアするパートナーがいない分、「父親の分まで、私が頑張らないと!」と「背負ってしまうママ」が多いと思います。

その結果、「自分自身」や自分の人生二の次、三の次ってことは、当たり前すぎるくらい、当たり前。
私は常に思うのです。
これでいいのかなーって。
本当に、それでいいのかなーって。
私は、「母」であることは、ひとつの「役割」であると思っています。
その理由は、貴女は、「母」という「役割」である以前に、ひとりの「女性」であり、ひとりの「人(個人)」であること。

まずは、「女性」として、「人(個人)」としての「ありたい自分」を大切にし、その上で、ひとつの役割である「母」としての「ありたい自分」を大切にして欲しいと。

「そんなこといってもねぇ・・・」

そんな声、聞こえてきます・笑
だからこそ、
「自分軸」の未来を考えてみる。
想像してみる。
そして、未来計画表を作ってみる。

「忙しい」、「考えられない」、「意味あるの?」なんて言い訳はなし。
「10分でも、時間作ろうよ」、「考えてみようよ」、「意味ないことなんて存在しないでしょ」
まず、「自分軸」の「現在」「1年後」「3年後」「5年後」「10年後」「15年後」「20年後」の未来計画を一つでも良いから、書き出す。

次に、「子どもの未来計画」を考え、書き出す。
自分の計画表上に、子どもの計画を重ねて書かないことが大切、だと私は思います。
だって、自分の未来は自分のもの。
子どもの未来は、その子のもの。
並行して存在はするものの、全く別のもの。
実際に、トライしてみたシンママ二人と
共有し合いながら、色んな話をしました。
ガハハと大笑いしながら、
語りながら、打ち開けながら、
それを受け止めながら、「私はね、そんな時ね」と
ヒントを伝えながら…気付いたら、1時間超!笑

そして、「未来計画表」については、
「書き込めば書き込むほど、楽しくてハマった」
「自分の実年齢を入れると、さらにリアルに感じた」
「目標ができたようで、頑張ろうって思えるようになった」
「こんな機会がない限り、自分の未来なんて考えなかった」とお言葉をいただきました。

私個人的に、心の片隅にでも、ちょこんと置いて欲しいこと。
それは、
どんな時も「私の人生の主役は、私!」
それは、どんな境遇、状況下にあっても、変わらない事実。
もちろん、「シングルママ」であっても、ね。
貴女の人生の主役は、貴女!
だからこそ、貴女の未来を、貴女自ら輝かせて欲しい、と
心から思っています。

〜由美子のひとり言〜
私自ら、「私と子どもの未来計画表」を作成する過程で、味わった気持ち。
「この頃には、私、あんなことも、こんなこともしとるな」ムフフ♡
そして、大好きで大切なみいちゃんを思い浮かべながら。
「この頃、彼女は、こうなっとるやろうな」「こうなってて欲しいな」ウフフ😊
終始ニヤニヤ😏しながら、書き出した。
いやー、想像以上に楽しかった☺
そして、当日、参加者の二人が作成したもの、そして、それを共有する時の表情を見てね、
めちゃくちゃポジティブな内容やし、それを、めちゃくちゃ楽しそうに発表してくれた。
近くで触れながら、皆に、オッって思ってん。
「『現在』の状況がどんなに困難やと感じてても、実際の「未来計画表」には、明るく楽しい未来しか書いてないねー」って、伝えたら、皆、ハッとしとった。
皆、明るい未来を望んで、それを描いて、今をしっかり生きているんや、って。
自分自身、そして、自分にとって大切な人の未来は、何がなんでも幸せにあること。
胸いっぱいやなぁ。
この場にいられたこと。
この力強い人たちの生き方や想いに触れたこと。
この人たちに出逢えたこと。
心から感謝です。
よっし、次回も前向き、楽しみながら、
皆と共に行きます!

〜お知らせ〜
ファシリテーターを務めるのは、埼玉県蕨市で、様々な形の育児支援を展開しているNPO法人ふうせん 代表の園川泰子さん(やこちゃん)

○園川泰子さんの活動について
NPO法人ふうせん
https://r.goope.jp/npoballoon/

○初回8月8日(土)の様子について
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=935052680239755&id=100012050944459

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close