私が「みゆ」という「居場所」を作りたかった理由

それは、ただ一つ。

私が、幼い頃から「欲しかった」ものだったから。

私には、「居場所」がありませんでした。

物理的に、「家」という「箱」はありました。

そこに「家族」という「一緒に住んでいる人たち」はいました。

学校には、「友達」という「仲間外れになることだけを恐れて一緒にただいるだけの人」はいました。

家にも、学校にも、どこにも「自分」がいない感覚。

「生まれてきた意味」と「生きている理由」って何?

「私って何?」

どこに行っても、息ができない。

長いトンネルの中で、身動きが取れないような、そんな感覚だけ覚えています。

そんな中、私は、「笑うこと」をしなくなりました。

嘘で固められた「笑顔」は醜いことを知っていたから。

そんな私にも、「居場所」ができました。

14歳のとき。生まれて初めて「夢」という、私だけの居場所を、人生の中に見つけました。

まさに、自分の力で息をし始めた感覚。

そして、「祖母の優しさ」、「恩師」、「カウンセラー」「娘」、「パートナー」、そして「仲間たち」多くはないのかもしれないけれど、私が「ありのまんま」でいられる大切な居場所。

何でもいいのです。

大切なことは、あなたにとって、安心・安全で、「あなたらしくいられる場所」であるかどうか。

その「居場所」から得られるエネルギーは人生を変えます。

見つけに行きましょう、

「みゆ」と共に、居場所を。

そして、つくっていきましょう。

「みゆ」と共に、居場所を。

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close